• ウォーターサーバー比較ランキング

無料お試しができるおすすめウォーターサーバー比較!お試し期間・流れ

ウォーターサーバーの利用を検討しているものの、なかなか決めきれないというときに便利なのが、各ウォーターサーバー会社が実施している無料お試しです。

 

無料お試しは、ボトル1本分など一定量の水を無料で利用できるサービスであり、もちろん無料お試し中はウォーターサーバーも無料でレンタルできるので、ウォーターサーバーの導入をリアルにシュミレーションするのに非常に便利なサービスなのです。

 

無料お試しができるウォーターサーバー会社の紹介と比較、さらに無料お試しを利用する場合の注意点等について解説していきます。

 

 

無料お試しができるウォーターサーバー比較

ブラックサーバー

 

実際に利用している人が多く、また無料お試しができるウォーターサーバー会社の代表が、アクアクララとクリクラとなります。

それぞれの会社の無料お試しの内容や契約後にかかるコストなどについて、詳しく解説をしていきます。

 

 

・アクアクララ

アクアクララではボトル1本分(12L)を1週間無料でお試しできます。お試し期間中は、契約後に定期的にかかる「あんしんサポート料」は無料ですし、もちろんサーバーのレンタル費用も発生しないので、安心して利用できます。

また無料お試しができるサーバーの種類は、アクアスリムS・アクアスリム・アクアスリムピンクゴールドの3種類から選択ができます。

床置きサーバーに加えて、卓上サーバーもお試しできるのが大きなメリットといえるでしょう。

 

 

・クリクラ

クリクラもボトル1本分(12L)を1週間無料でお試しできますが、もしも利用者が妊娠中~1歳未満の子どもがいるという場合には、母子手帳を提示することでボトル3本分(36L)を最大2ヶ月間無料で試すことができます

どちらの無料お試しも、当然サーバーレンタル料なども全て無料となっていますし、もしもお試し期間終了後に契約しない場合でも、一切費用が請求されることはないので安心して利用できます。

 

 

ウォーターサーバー無料お試しの流れ

 

ウォーターサーバーを無料で試すための手順ですが、まずは各ウォーターサーバー会社の公式サイトにアクセスし、「無料お試し」などを書かれたバーナーをクリックすることで、専用の申し込みページへとジャンプができます。

専用の申し込みページで、必要な情報や配送希望日などを入力すれば、申込みは完了となり、後日ウォーターサーバー会社のスタッフが訪宅し、ウォーターサーバーやボトルの設置などを行ってくれます。

 

水を使い切るか無料お試し期間が終了した後は再びウォーターサーバー会社のスタッフが訪宅するので、サーバーとウォーターボトルの撤去をしてもらうことで無料お試しサービスは終了となります。

無料お試し期間終了時には、そのまま利用を継続(本契約)するのか否かを問われることとなるので、お試し期間が終わるまでにはっきりと結論を出しておくのが望ましいでしょう。

 

 

無料お試しのメリットとチェックしておきたいこと

チェックリスト

 

無料お試しのメリットは、言うまでもなく、本契約前に無料で実際にウォーターサーバーサービスが利用できるという点になります。

ウォーターサーバーは一度契約をすると、一定期間利用せずに解約すると解約金がかかるケースが多いので、後悔しないで契約するために無料お試しは非常に効果的だと考えられるのです。

 

一方で、無料お試しを利用する場合には、無料お試しの期間や、無料お試しが終了した後の手続きに就いて最初に確認しておく必要があります。

無料お試しは、そのまま本契約へと移行することを前提としたサービスとなっているので、もしも無料お試しをした結果、継続しないという場合には、その後の手続を自ら円滑に進める必要があります。

 

また、もしも本契約へと移行しない場合に、はっきりと断りやすい会社かどうかということも事前にチェックしておくと、より安心して無料お試しが利用できるでしょう。

 

 

無料お試しの注意点

 

無料お試しを利用する場合に特に気をつけなければならないのが、無料お試し期間終了後の契約についてです。

基本的に無料お試し期間終了時には、ウォーターサーバー会社から継続するかどうかの確認連絡がされますが、中には連絡が来ず、気がついたら勝手にお試し契約から本契約へと移行されていた、というトラブル事例が過去に起きました。

無料お試し期間終了後にはどうするのかということや、もしもウォーターサーバー会社から連絡が来ない場合には自分から問い合わせをするなどの工夫をすると、トラブルを未然に防ぐことができます。

 

またウォーターサーバーは一度契約をすると、最低でも半年~2年程度は利用継続をする必要があります。

もしも最低利用期間経過前に解約をすると、解約金が発生することがあるので、本契約へと移行する場合には月々のコストや臨時でかかるコスト、解約金などについてしっかり確認しておくと、安心して利用できると考えられます。

 

無料のサービスだからといって、確認などを怠らずに、疑問に感じたことはすぐに質問などをして解消しておくと、気持ちよくサービスの利用ができるでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事