• ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバーはレンタルか購入どちらがいい?メンテナンスやコストを比較してお得な方を!


ウォーターサーバーの購入とレンタルの違い

ウォーターサーバーのメーカーは数多くありますが、現在の主流はレンタルです。

一般家庭の場合は、レンタルのほうがニーズが高く、メーカーもレンタルに力を入れている印象があります。


◆購入のメリット、デメリット

購入の場合は自分のものになるので自由に使えるメリットがあります。

購入した場合にはボトルの注文ノルマもなく、ほかの水も使えるサーバーもあります。

水のノルマがない点は大きく、あまり飲まない場合は長期的に使っていくとレンタルよりお得になるケースもあります。

また、購入したサーバーは当然自分のものになるのでサーバーを返還する必要もありませんし、返還手数料などの制約もありません。

デメリットはサーバーが故障した場合などに修理が自己負担になったり、不要になって処分するときにお金がかかるなどがあります。

また、ウォーターサーバーの購入については、初期コストが高いため、負担が大きいです。

サーバーの価格はメーカーによりピンきりで、1万円くらいのものもあれば5万円から10万円、10万円以上のものなどあります。

性能によって価格帯は様々ですが3万円から5万円前後が多いです。最初にこれだけのお金がかかるのはちょっと敷居が高いといえます。


◆レンタルのメリット、デメリット

初期コストが安いというメリットがあります。

メーカーにより異なりますが、サーバーのレンタル料が無料でボトル代だけで導入できる場合もあります。

また、水のノルマを守ればサーバー代がずっと無料というメーカーもあります。

水のノルマもそれほど厳しいものではなく、様々なコースが用意されていることが多いので無理なく水を注文できます。

あとはメンテナンスを無料でしてくれるところが多いのもメリットです。

メンテナンスの方法はメーカーで異なりますが、サーバーをまるごと交換してくれるメーカーもあります。

通常使用で不具合、故障があればメーカーが適切に対応してくれます。

デメリットは契約最低期間が決まっていることが多いという点です。最低契約期間内に解約すると解約金がとられます。

解約金はだいたい5000円から1万円くらいに設定されています。


ウォーターサーバーを初めて検討する場合

これからウォーターサーバー始めるならレンタルが断然オススメです。

コストも安くメンテナンスの心配もないです。

購入したいという方も最初はレンタルでウォーターサーバーを利用してみて問題がなければ購入したほうが失敗のリスクは少ないです。






同じカテゴリーの最新の記事