• ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバーの契約期間を確認して自分にあったウォーターサーバーを利用する!


ウォーターサーバーの契約期間について

ウォーターサーバーでは多くの会社が最低契約期間を設けています。

サーバーにはコストがかかっているのでお客さんに短期間でやめてもらうと困るためこうした期間や解約金を設けてお客さんを引き止めるようにしています。

ウォーターサーバーを契約する時にはこの最低契約期間を確認しましょう。

多くの会社では1年から2年で設けているところが多いですが、なかには6ヶ月や最低契約期間を設けていないところもあります。


ウォーターサーバーの最低契約期間について

基本的には、最低契約期間が設定されていないか短いほうがいいです。

長く使うつもりで契約しても思ったより使い勝手が悪かったり、お金がかかるということでやめたいと思うこともありえます。

そうした時に解約金がなければすぐにやめられます。

解約金の相場はだいたい5000円から1万円前後が多いので無理して使い続けるよりは解約金を払ってやめたほうがいい場合も多いです。

最低契約期間が終わったあとの対応も会社により異なります。

期間後は自由に解約できる場合もあれば、自動更新で同じような期間が設けられる場合もあります。

自動更新でまた同じ解約金が必要になるところは選ばないほうがいいです。

あとは解約した時にサーバーの返送料金の負担がどうなるかも契約の際に確認したほうがいいです。

基本的には無料で回収してくれるところが多いですが、念の為に確認しておきましょう。

ウォーターサーバーではボトルの注文ノルマが設定されている会社もあるのでこの点も注意が必要です。

ボトルの注文ノルマは、月に決まった本数頼まないといけないという決まりです。

頼まない場合には、ペナルティとしてサーバー代として数千円徴収されたりします。

このボトルノルマは負担になることも多いです。

水を飲む量は季節によっても異なります。

夏であれば多く飲みますが、冬は少ないですし、季節を通して一定の量がノルマになっていると負担があります。

ウォーターサーバーを選ぶ際にはこうした水の注文ノルマがないか、ノルマがゆるいところを選ぶのが大事です。

定期的に水が届くのは楽ですが、自分たちの使用量にあっていないペースで届くと大変なので、プランをしっかりと確認して融通がきくプランを用意している会社を選びましょう。

最後にウォーターサーバーのメンテナンスについても確認しておきましょう。

多くの場合、無料で新しいのに交換してくれたりする会社が多いですが、なかには有料のところもあります。

長く使うとメンテンスをする機会も増えるので経済期的な負担も増えます。

なるべくメンテナンスを無料でしてくれるところを選んだほうがいいです。






同じカテゴリーの最新の記事